時の迷宮Remix
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
Rss
初めてこの映像を見た時、スゲーなと思わず興奮してしまいました。
ただし、スゴイと思うあまりこの法則の本質を見失ってしまいました。
後々、冷静になって、なぜそうなるのかを考えてみました。
初等機関的な解き方での説明は出来たのですが
数列を利用した説明がどうも答えと一致せず、説明できませんでした^^;
工業大学に進学しているもののだめですね、俺 orz


「聖典ヴェーダ」脅威の数学術
上の動画の説明。
例題 75×75のように
・末尾が5で○○の二乗という形が取れる式
この場合、(1の位を抜かした数)×(1の位を抜かした数+1)×100+25
この数字が答えになるというもの。

例題の場合は、7×(7+1)×100+25=5625が答えとなる。

ここで私は(1の位を抜かした数)でない場合はどうなるのだろうかと考えました。
ちなみにこの映像を見た時は、(1の位を抜かした数)が違っても
そうなるものと思っていました。
実際やってみて違うことに気づきました。

ちなみにまったく異なる2桁の数字は以下のサイトで取り扱っています。
ヴェーダ数学?…ついでに2桁の掛け算を暗算で計算する方法 - 松のページブログ

A5×B5の時(注意:A,Bは任意の数を表しています)
上の数式は以下のように表されます。
25+(5A)×10+(5B)×10+AB×100
={(A+B)/2+AB}×100+25
ちなみにA=Bの場合
(A+A^2)×100+25となり
これはA(A+1)×100+25なので
『末尾が5で○○の二乗という形が取れる式』の公式と同じ形である。

AB5×CD5の時(注意:A,B,C,Dは任意の数を表しています)
先ほどほどと同様にすると
25+(5AB)×10+(5CD)×10+AB×CD×100
={(AB+CD)/2+AB×CD}×100+25となる。
ちなみにA=C,B=Dの場合
{AB+(AB)^2}×100+25となり
AB=tとすると t(t+1)×100+25となり
これもまた公式と一致する。

以下の場合も同様になるはず^^;

あくまでも初等機関的なので断定は出来ないんですよね^^;
(例え100%そうだろうという経験則であってもね)



コメント
この記事へのコメント
ヴェーダ
あの動画に驚いたので、
実際に試したところ同じ数の計算ならできますね!
でも、同じすうでもできない式が
ひとつだけありました!
それは25×25です!
答えは525なのにヴェーダでやると
625になります!
完璧な方法ってないんですかねぇ・・・
2007/03/30(金) 01:26 | URL | 貧乏学生 #-[ 編集]
貧乏学生さん^^;
計算間違いだと思いますよ。
25×25は625であり。
2×(2+1)×100+25もまた625であり
両者の数字は、しっかりと一致しますよ。

2007/03/30(金) 01:59 | URL | Rousseau #-[ 編集]
勘違いw
本当ですねw
後でやってみれば一致しましたw
どうやって間違えたのか自分でも
よくわかりませんなwww
でもこれって同じ数字同士の
計算のみ有効ですよね?
2007/03/31(土) 01:35 | URL | 貧乏学生 #-[ 編集]
確かにそうですね。
ムービーのあとにそれに関して私が言及している項目は読まれませんでしたか?

ほかのパターンについては
それに書いてますもので
もしよければご覧ください。
2007/03/31(土) 13:21 | URL | Rousseau #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://googletube.blog84.fc2.com/tb.php/136-9fd4833b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おぉ!簡単にかけ算が解けました!時の迷宮Remixさんのサイトで詳しく解説しています。情報提供・時の迷宮Remix ■人気blogランキングへ■お笑いブログランキング
2007/03/30(金) 20:52:31 | YouTubeを楽しむブログ(・∇・)
人気ページランキング
ページビューランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。