FC2ブログ
時の迷宮Remix
Rss
今回の映像は、TVシリーズ第26話『一生に一度は百点を』です。
今から約25年も前の物なので今の設定とはやや違っている面も見受けますが
それは置いといて、今回注目すべきは、のびたが受けたテストと出された宿題の内容です。
のびたの学年には、いろいろな説がありますが^^;小学生であることには限りありません。

しかし、その内容が小学生レベルではないのです。
リンク先の以下の画像をご覧下さい。
のびたに出された宿題 
その1(出題問題など) その2(計算過程)

突っ込みたくなる点もあるが注目すべきは、その内容が今で言うところの物理Ⅱの範囲であること。
しかも、小学生なのに累乗(やルート)、三角関数が使用されているのだ。

またテスト問題だがのびたが解いた問題ジャイアンが解いた問題とで微妙に違うのである。
しかも、のびたが解いた問題は答えが無いのだ。

いつもこうとは限らないだろうが
これではのびたがなかなかいい点を取れないのは納得できるのではないだろうか。

とはいえ、足し引きの問題ぐらいはちゃんと点を取ってもらいたいものだ。
話は長くなりましたが、問題の映像をご覧下さい。

この記事の続きを読む
スポンサーサイト



ページビューランキング なかのひと