時の迷宮Remix
Rss
名探偵コナンに出てくる毛利小五郎役の声優、神谷 明(かみやあきら)
長いキャリアと幅広い役どころを持つベテラン声優だからこそなしえる
面白いMADムービーがここに完成><

こうなるとコナンはもはや勝てませんね;;

この記事の続きを読む

タモリさんが生放送中に地震の震源地、正確に言えば地域かな?を的中!
さすがはタモリさんといわんばかりのスゴイ映像です^^;

収録されている東京の近辺で地震発生率が高いのは茨城県ですが
それを知ってか知らぬか別にしてスゴイですよね。

この記事の続きを読む
アニメ版クレヨンしんちゃんの中で一度だけ放送された
野原しんのすけの小学生時代を描いた『エンピツしんちゃん』

久々に見ましたが懐かしいですね><
webで調べても見たら2001年4月20日に放送とのこと
もう6年近く前の話なんですね。


この記事の続きを読む
この政見放送をオリジナルで始めてみた時
この政見放送はイカれているなと思いました。

しかし、この政見放送にさらなる輝きを与えた人々がいた^^;

どのバージョンも自然すぎるから恐ろしすぎます^^;

この記事の続きを読む
これまで数々のうわさが飛び交っていたXBOX360の上位機種
「Xbox 360 ELITE」に関してMicrosoft側が正式に発売を表明

120Gバイトのハードディスク,HDMIポート,高品位ケーブルを備える。
4月29日に米国で販売を開始する予定。

価格は479ドル99セント。日本円にして約56700円となる模様。

ついにXboxがコストパフォーマンスでもPS3を上回りましたね。
日本での浸透はまだまだ難しいでしょうが
欧米では、XBOX360とWiiの圧勝になりそうですね^^;

詳しくは下記のリンクをご覧ください。
情報元:Microsoft,上位モデル「Xbox 360 Elite」を4月29日に米国で発売:ITpro
マイクロソフト、「Xbox 360 ELITE」を正式に発表 - GIGAZINE
初めてこの映像を見た時、スゲーなと思わず興奮してしまいました。
ただし、スゴイと思うあまりこの法則の本質を見失ってしまいました。
後々、冷静になって、なぜそうなるのかを考えてみました。
初等機関的な解き方での説明は出来たのですが
数列を利用した説明がどうも答えと一致せず、説明できませんでした^^;
工業大学に進学しているもののだめですね、俺 orz


この記事の続きを読む
ルフィーと地震速報を掛け合わせたMAD作品(?)
第291話 ルフィ親分再び!夢か現か富くじ騒動の予告編と
3月25日に発生した平成19年(2007年)能登半島地震の地震速報を
うまい具合にミックスさせたものと思われます。

ただし、地震発生は2007年3月25日(日曜日)の9時42分
よって、フジテレビ、北海道文化放送、テレビ静岡、鹿児島テレビでは
ちょうど9:30から放送中。実際にこのようなことが起きたのでしょうか?

とはいえ、『犯人はルフィー親分』と地震速報が絶妙にマッチしてます


この記事の続きを読む
時の迷宮時代に紹介した、究極のファンフィルムジェダイアクション
ネオスターウォーズ ~新たなる時代の幕開け~
大人になった彼らが再びスクリーンへと帰ってきた。
あくまで前作とのつながりはありません。
しかし、彼らが敵であることには代わりません。
前作を上回る壮絶なバトルをDivx画質によるハイデフでご覧ください。

この記事の続きを読む
考えるヒトコマから生まれたキャラクター大仏くん
その大仏くんがどのような経緯で生まれ、
どのような運命を歩んでいったのかをご覧ください。

第一部:大仏くん 第二部:大仏くん危機一髪 第三部:さらば!大仏くん

この記事の続きを読む
スターウォーズのPCゲーム(?)を利用して
無双シリーズ風に爽快な戦闘アクションを繰り広げるムービーです。
無双シリーズ特有のなぎ倒し感・スピード感があっていいですね><

『ダークサイドの力を思い知れ by ダースベイダー』

この記事の続きを読む
新世紀エヴァンゲリオンの主題歌『残酷な天使のテーゼ』に
ひぐらしのなく頃に映像を組み合わせたAMV作品

『残酷な天使のテーゼ』を使用した作品によくあるOP風仕立てではなく
あくまでも放送された映像とテロップを駆使して構成されているため
純粋にOP風仕立てにはなっていない。

この作品は鬼隠し編綿流し編の2種類が用意されているます。


この記事の続きを読む
涼宮ハルヒメンバーによるデスノートの予告編映像
キャストは、夜神月にキョン、Lに長門、秋野詩織にハルヒ、
夜神総一郎に谷口、そしてリュークに○○って
おぃ!!あきらかに間違ってるだろw
誰がリューク役なのかは見てのお楽しみということで<(_ _)


この記事の続きを読む
ネタとしては少し古いかもしれませんが
TOKIOの国分太一による堅焼プリッツのCM

PRETZのCMといえば、これまで松浦あやによるインパクトのある物でした
それに、負けないインパクトを持ったCMです^^;
というかインパクトありすぎです><

この記事の続きを読む
以前紹介した華麗なるマッシュアップ マリオギアソリッドwith雷電
この作品もそうであったが、マリオのBGMを利用することで
シリアスなはずの戦闘シーンが緊張感のない戦いに変化しましたね

今回の『Super Mario Kill Bill』も
マリオのBGMによって緊迫した戦闘ではなくなっています^^;

この記事の続きを読む
ソウルキャリバー3のキャラ作成機能を駆使してムスカとシータを作成
映画冒頭のシーンを再現!?と思いきや・・・。

シータの圧倒的なパワーに唖然、そして笑うしかない私であった。

関連作品としてシータvsキキも収録しました。

この記事の続きを読む
映像も音も当時のままで、懐かしささえ感じる作品です。
とくにマリオのキノコによる巨大化などはピタゴラスイッチの概念を
壊さないようにうまく作成されており、とても感心しました。

しかし、このムービーも当時ならではの落ちが待ってます。
ただ、この落ちがわかる世代も今後少なくなっていくと思うと悲しいです


この記事の続きを読む

もののき姫までのジブリ作品をほぼすべて網羅した
ジブリ作品全体のPVともいえる作品です。
BGMといい、映像のつなぎ方といい非常にうまく構成されています。
案外似た構図の場面ってのも見受けられるんですね><

この記事の続きを読む
トヨタの海外CMより新しいHiluxのCM
相変わらずのトヨタの海外CM。とてもハジけていますね^^;
壊れにくさを表現しているらしんですがはっちゃけすぎです

英語版とドイツ語版を用意したんですが
同じ系統の言語とはいえ、少々雰囲気が変わりますね

この記事の続きを読む
この人凄すぎます><何が凄いかって?
スピンショットとその正確さがスゴイ><
まさに玉の回転を思うがままに操っています。

スピンだけではなく、時には目も覚めるような
わずかな隙間を縫うようなショットもしています><

この記事の続きを読む

乙女心を歌ったSchoolプロジェクトのオレンジガールという曲を
涼宮ハルヒの映像を使用して作ったAMV

昼間紹介した、ハルヒでSOUL'd OUTの 『Candy Pop』は最高のAMVなら
この作品はその曲のPVとして、十分通用する作品です。

この記事の続きを読む
今もなお建造中である
ガウディのライフワーク的作品『サグラダ・ファミリア

2026年前後には完成するのではないかと言われている
もしも完成したならば、こんな美しいものになるだろうという
サクラダ・ファミリア完成予想のトレーラー映像である。

この記事の続きを読む
SOUL'd OUTのCandy Popに涼宮ハルヒの映像を駆使したAMV
作成者の力作とも言うべき、レベルの高い作品です><

曲のイメージと映像が程よく混ざっていてイイですね。
今回は、高画質版(Divx)と低画質版(youtube)を用意しました。

この記事の続きを読む

もののけ姫の主人公の一人『アシタカ』
彼の自己紹介のシーンの音声と
ハルヒの自己紹介のシーンの映像をミックス

音声と場の雰囲気が絶妙にマッチしています><

この記事の続きを読む


天空の城ラピュタの冒頭シーン:パズーとシータが初めて会う場面。
ここでパズーは空から降ってきたシータを助ける
台本ではそうなっていたわけだが・・・。


この記事の続きを読む
普通ではない世界へ飛び出そう! アウディーA6の不思議なCM
この作品もなかなかなものでしたね。
今回の作品もエッシャーの騙し絵の原理を利用した作品です。

酔っ払って自宅へ帰る途中のサラリーマン
なぜか彼の行動を追う監視カメラ、
そして、彼が飲んでいた酒の名はHallucii

この記事の続きを読む

『魔理沙は大変なものを盗んでいきました』の音源をいじることで完成
3半音下げた魔理沙~を左ステレオ限定、
3半音上げた魔理沙~を右ステレオ限定に加工し、ミキシング。
それだけなのに、まさに呪われたかのような不吉な音楽になってます

この記事の続きを読む

これまでスケートボードの動力といえば人間の足or重力のみでした
しかし、今回紹介する『Scarpar』には80ccのエンジンを搭載
さらに、足回りにはキャタピラを搭載しているため
走行する場所は問いません。そして最高速度は80km/h!?
まさにワイルドに駆け抜ける次世代のボードなのです><

この記事の続きを読む

日本テレビの「世界一受けたい授業」より
ジェシカ・ウィリアムズによる特別授業『世界を見る目が変わる50の事実』

普段世界に対して深く、
目を向けなければ分からないようことを知ることが出来ました。

この記事の続きを読む

魔法陣グルグルでククリとニケがリアル顔に描写されている映像
たしかに、魔方陣グルグルのキャラってやや手抜き気味な画風ですよね

作画監督:田中譲

この記事の続きを読む
ページビューランキング なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。